家庭学習をする場合に適切な時間とは?

小学校低学年のお子さまが家庭学習をする場合に適切な時間とは?

小学校のお子さまを持つ親御さんは、今の家庭学習の勉強時間で果たして充分なのかどうかを不安に感じています。「いったい、自分の子どもにどれくらい勉強させればいいのか?」が悩みの種になっています。
 
無理やり机に向かわせても、お子さまにやる気がなければ身につきません。すぐに飽きてしまうでしょう。さらに勉強嫌いになってしまうこともあります。口うるさく「勉強をしなさい!」と言うこともストレスになりますし、本意ではないはずです。
 
子どもの頃の自分を思い出してください。勉強するよりも遊びたいのが本心であることに気づきます。しかし、親になれば違います。自分の子どもの頃も親に口うるさく言われたことを思い出します。
 
小学校のお子さまの学習時間に関してはさまざまな教育関連企業が調査をしています。そのデータもいろいろですが、大雑把には1時間程度になっています。これは低学年と高学年では違います。当然ながら高学年のほうが家庭での学習時間は多くなります。
 
勉強することの好き嫌いは、個人差も大きいです。中には自宅ではいっさい勉強をしないお子さまもいます。注意しておかなければならないのは、1時間自宅の学習をしたから、全員が同じ効果があるとは限らないことです。
 
勉強内容の良し悪しは別です。それ以前に小学生のお子さまの集中力はわずかな時間でしかありません。10分から20分なのですから、びっくりします。1時間の家庭学習をしても、大部分はやっているように見えても集中なんてしていません。
 
集中していない時間にやった家庭学習の質はどうなっているのでしょうか?集中してやった勉強の質よりも劣っています。このように、小学校の家庭学習の時間は長ければ長いほど良いとは言えません。
 
  • 集中力を維持させて、毎日勉強する習慣を身につけさせることが大事です。
 
まずは前提条件として学校の宿題があります。これは期日までに確実に終わらせなければなりません。先生との約束をきちんと守らせましょう。これは社会的なルールを身につけることになります。
 
学校の宿題の時間は勉強時間です。これは家庭学習の時間とは別で計算してください。しかし、宿題の分量があまりにも多い場合は別です。それ以上の勉強をするためには睡眠時間を削らないといけないとなると家庭学習を別にするのは無理があります。臨機応変に親がコントロールしてあげてください。
 
お子さまがどの程度ならば家庭学習ができるのか?親が日頃からみていれば判断することもできるでしょう。小学生が集中できる時間は10分から20分程度です。家庭学習をする場合は宿題が終わったあとの20分が良いとされる学説もあります。
 
集中できる時間だけに、しっかりと集中させて勉強させるのです。1日に20分ならばお子さまも飽きることはありません。ノルマを達成した!という実感は成功体験の蓄積になります。
 
20分の家庭学習が終わっても、余力があるかもしれません。ですが、詰め込みし過ぎるのはお勧めできません。「まだまだ、やれそう!」という気持ちは大事です。「明日も続きがしたい」というモチベーションになります。
 
小学生の場合は家庭学習だけではありません。お友達と外で遊ぶ時間も必要です。習い事もあるでしょう。睡眠時間も大事です。メリハリをつけて家庭学習ができるようにスケジュールを立ててあげて、勉強を習慣付けましょう。

ポピー