家庭学習をする場合に適切な時間とは?

通信教育教材で高い評価の「ポピー」

2016年11月30日 12時11分

まずは料金をご紹介しましょう。平均的には月額3,000円程度です。実際にはお子さまの月齢・小学校の何年生かによって違います。また幼児用の分や中学生の分もありますが、ここでは小学生のものを紹介します。
 
  • 小学校1年生・2年生の場合
  • 1カ月分払い:2,700円
  • 半年分一括払い:15,790円
  • 1年分一括払い:30,780円
 
  • 小学校3年生・4年生の場合
  • 1カ月分払い:3,080円
  • 半年分一括払い:17,940円
  • 1年分一括払い:35,030円
 
  • 小学校5年生・6年生の場合
  • 1カ月分払い:3,290円
  • 半年分一括払い:19,150円
  • 1年分一括払い:37,420円
 
送付されてくる教材以外にも便利なサポートがインターネットのオフィシャル・ウェブサイトで受けることができます。こういったサービスも活用するといいでしょう。小学校2年生の場合は(1)やりきりドリル:毎日国語と算数を各1ページ(2)教科書に沿った問題集(3)しつけ読み物(4)小物語が送付されてきます。気になれば、資料請求が無料でできます。お試しの見本を見てから決めるといいでしょう。
 
 
 
  • 「月刊ポピー」の小学生版を利用しているユーザーの声
 
公式ページに掲載されていた保護者のレビューをご紹介しましょう。
 
  • 神奈川県相模原市緑区在住・小学校4年生の保護者
 
「月刊ポピー」の分量は他社の教育素材よりも少ないように思います。けれども、分量は付録であったりもします。ポピーは無駄な付録がないのです。ポイントが押さえられている内容ですから子どもにも無理がありません。逆に分量が多いとやる気をなくしてしまうこともあります。最初は付録で興味を持ちますが、それは一時的なものです。学習の継続性にはなにも反映されないのです。そういった視点からポピーを見れば、絶妙な分量ではないかと思います。これも試行錯誤した結果なのかと思います。
 
  • 高知県土佐清水市在住・小学校1年生の保護者
 
ポピーで私が気に入っているのは「てびきと答え」です。単純な答えだけではないのです。赤い文字で書かれている「こういうところに注意!」が子どもに教えるときに、とても参考になるんですね。ついつい見落としてしまいますが、目を通すようにしてみると、すごくためになることが書かれています。
 
  • 栃木県那須塩原市在住・小学校4年生の保護者
 
息子はポピーを使って毎日、学校から帰ってきたら復習するような習慣ができています。幼稚園から小学校になったころの1年生のころは学校の授業でも余裕でついていけていました。ですが2年生・3年生と進むにつれて授業内容も難しくなってきます。すると授業についていくのが厳しくなります。学習塾に通う方法もありました。けれども自宅で一緒に時間をとることも大切だと思いました。他にもいろいろと教材はありました。見本を請求して私は「これだ!」と確信しました。とっても分かりやすく工夫されています。小学校の授業の内容に沿っているのでポピーに決めました。息子も自宅でポピーをすることが楽しくなってきています。学校の授業がわかることで自信がついているみたいです。少なくとも小学校の間はポピーを続けるように主人とも相談しています。
 
  • 島根県出雲市在住・小学校2年生の保護者
 
娘が小学校に入学するときに学習塾にするか通信教育の教材にするかを迷いました。ですが、最終的に小学校の低学年までは学習塾ではなくて、自宅で学習する習慣を付けることを目標にしてポピーにしました。学習教材をいろいろと調べたら、とてもたくさんの教材があるのにびっくり!でも私が小さいころに勉強したのもポピーでした。積極的に娘に勧めました。見本を見ても分かりやすくなっていました。楽しみながら自宅で勉強できると思いました。想像した通り娘が喜んで学習する習慣ができています。学校の授業で覚えたことを私に説明しながらしてくれます。それが復習になっているみたいです。ポピーにはとても満足しています。ママ友にも教えてあげて使っている人も多いみたいです。